高校生の野球の大会が甲子園?いいえ違います。大人を巻込んだ人生をかけた戦いなのです

夏の風物詩である「甲子園」。毎回私たちに、感動を与えてくれる筋書きのないドラマが展開されますね。この甲子園大会では、いつも立ちがる県、常連校というのが存在します。そういった常連校たる所以と、その背景はなんなのでしょうか?ここでは、表面的なものでは見えてこない計画性があるのです。常連校の常連校たる所以をお話していきましょう。

甲子園は、各県の代表校ということになりますが、プレーしている高校生が地元の子とは限りません。数年前に特待生制度で社会問題にまでなりまいしたね。大分緩和されてきましたが、今でも、県をまたいで、強い高校に進学するといった高校生は多くいます。

関西や関東地区は昔から強い高校が多かったです。最近では、東北地区でも関西のプレーヤーを入学させて甲子園を目指すといったことが、通常化してきています。

高校野球は、教育の一環ではあるのものの。勝負の場として、れっきとした「戦いの場」でもあるのです。それだけ、甲子園に出場するとしないのとでは、今後の人生で、大きな違いが出てくるのです。甲子園プレミアが付き、進学や就職での進路が違ってきます。そういったものが、見るものを夢中にさせ、大人も巻きこんだ、一大ビジネスとなっているのです。

地元の応援をすると見えてくる県民性。他県も注意してみるとおもしろい!!

甲子園大会は、各県代表が揃う大きな大会で、その中でも県民性もテレビで見てても伺えます。東北地区の地元の子は、やはり素直でおとなしい印象を受けますね。沖縄県の代表は、優雅でのんびりした中でも、野性的な雰囲気を持っていますね。ただ、関西地区のプレーヤーは、野球に対する考え方が、一つ違う印象を受けます。プライドをもち、野球では負けられないという執念を感じるのです。野球の文化がそうさせるのでしょう。高校生でここまで考えて、プレーできるのかと毎年感心させられるものです。

近年の甲子園は、状況がまた一変してきました。一昔では、顕著にあった地域格差がなくなってきているのです地域だけで勝ち負けが判断できなくなっており、甲子園大会の優勝校も最近ではどこが優勝するのか予想がつきません。これがおもしろいんです。

高校生の越県入学もそうですが、昔はよわかった雪国でも、練習設備が充実し、1年中、土で練習ができるようになりました練習環境が劇的に変わってきており、冬場は雪で練習がままならなかった地域も、今では室内練習場で、打撃練習がバンバンできるようになってきているのです。

地域格差がなくなった甲子園は、予想困難な試合展開が多くなります。さあ、夏の楽しみを増やすためにも甲子園大会の鑑賞方法をもっと掘り下げて行こうではありませんか。

地方予選など現場で鑑賞するには遠征費用が必要です。どうしてもお金がない場合はレイクでお金を借りるのも一つの手だと思います。

キャッシングしたいなと思ったら、まずは申し込みです。申し込まないことには、借りれるお金も借りれません。

たとえば「レイク」を選んだ場合、申し込みは以下の方法で可能です。

  • インターネット
  • 来店
  • 電話
  • 郵送

一番手軽でオススメなのはインターネット。時間短縮にもなりますので、特別な事情がないならこれを勧めます。

引用元:【金ケツ太郎】お金を借りる前に見るべきサイト!

この様にあっ!という間にお金を借りることが可能です。緊急の際にはおすすめですよ!

1 2 3 5